ちりめんじわ改善|首

首にできるちりめんじわ改善の3つのポイント

首のちりめんジワ

 

首にできるちりめんじわは、紫外線の刺激や乾燥、高い枕を使って寝るといったことなどが原因となっています。
この首のちりめんじわには以下のような対策のポイントがあります。

  • 首のちりめんじわ改善にはUVケアをする
  • 顔と同じようにスキンケアをする
  • 体型にあった枕を使用する

そこでここでは、首のちりめんじわ改善のためのそれらの事柄についてそれぞれ説明します。

 

 

首のちりめんじわ改善の3つのポイントとは?

まず顔のUVケアはしっかりとしていても、首のUVケアとなると簡単に終わらせてしまうというケースは少なくないものです。
美しいネックラインを保つためには顔と同様のUVケアを、首をはじめできれば鎖骨まで施すようにするのが理想です。
首のUVケアの方法としては日焼け止めやUVカット下地を塗った後、軽くフェイスパウダーをはたくと完璧ですが、ここまでやるとなると服の襟に化粧類が付いてしまうこともあるため、着られる服が限られるものとなります。

 

そこまではできなくとも、日焼け止めをしっかりと塗ってケアをすることで紫外線から肌を守ることが首のちりめんじわ対策の一つとなります。

 

また顔と同様に首にもスキンケアをすると、ちりめんじわの改善につながります。
顔に使っている美容液やクリームを利用して首のケアをするという方法もありますが、首専用の美容液というものもあり、効き目を実感しやすいものとなっています。
この他にも高すぎる枕を使用していると首にシワを寄せた状態で眠ることとなり、首にシワの癖ができてしまう原因になります。

 

また、高すぎる枕は首のシワ以外にも、肩こりやのぼせの原因ともなるため健康にも良くないものです。
このため専門店で自分の体型にあっている枕を計測してもらうなどして、じっくりと選ぶようにします。
これら以外にも猫背だと首にシワがよりやすいため、姿勢を良くすることも首のシワ対策の一つとなります。
また片方の肩ばかりにバッグを掛けて首を傾ける癖があると、首のシワの原因となるためその癖を直すようにすることも改善につながるものとなります。
この他にも電車などでの移動中、座った状態で寝ていると首のシワができやすくなるため気をつけるようにします。